国際ボディーガード訓練


AISP/IBA 国際ボディーガード教育訓練



AISP/IBA 国際ボディーガード教育訓練について

AISPでは、世界最大の身辺警護組織、IBA(国際ボディーガード協会)と合同で、
プロテクティブ・セキュリティのプロフェッショナル養成教育訓練を開催しております。

人の生命や身体はもちろんのこと、財産や社会的イメージ,情報などをもを守る重要な
責務を負うボディーガードですが、国内外を問わず、いまだに、体が大きいから,
武道有段者だから,元軍人や元警察官だから、といった理由だけで、専門的な教育も
受けずにこの職務に就いているセキュリティの素人がとても多く、襲撃者などが現れた
時に闘うだけの、ただの用心棒になってしまっています。

本教育訓練では、一般の方もイメージしやすいよう、「ボディーガード」という名称を
使用しておりますが、AISPが実施する教育訓練は、単なる用心棒的なボディーガードの
養成訓練ではなく、CPO(Close Protection Officer)と呼ばれる、身辺警護や要人警護の
プロフェッショナルと、プロテクティブ・セキュリティを包括的に実施できるリーダーや
マネージャークラスの人材育成を目的としております。

AISPでは、本教育訓練の実施自体を目的とはしておりません。
本教育訓練を通して、国際社会で通用するセキュリティのプロフェッショナルの
発掘と育成を目的としております。

このため、教育訓練プログラムが高度で多岐に渡り、訓練内容や訓練評価,
修了試験なども厳しく設定されております。


【FAQ】
訓練に関するFAQ(よくあるご質問)を下記のページにまとめてあります。
ご参照下さいませ。




《訓練参加条件》

教育訓練内容の特殊性とプロフェッショナルの育成を目的としていることから、
本教育訓練参加には、いくつかの条件がございます。

1. 身元がはっきりしていること。
2. 事前の書類審査に合格すること。
3. 禁固刑以上の刑罰歴(犯罪歴)がないこと。
4. テロ組織・反社会組織等の所属歴がないこと。
5. 社会人としての常識やマナーを持ち合わせていること。
6. 過去に精神科・心療内科等の通院歴がないこと。
7. 18歳以上であること。

※訓練課目に車両運転がございますが、運転免許証をお持ちでない方も訓練に参加することは可能です。



《訓練参加手続き》

本教育訓練に参加するための流れは、以下の通りです。
※AはAISP日本事務局,Pは訓練参加申込者

1. A→P 本ブログ等で訓練開催の告知/参加申込み受付開始
2. A←P 訓練参加お申込みフォーム、またはメール等で参加申込み
3. A    仮申込み受付
4. A→P AISP日本事務局より書類を発送
5. A←P 必要書類を提出/訓練参加費支払い
6. A    必要書類受領/書類審査開始
7. A    書類審査終了(不合格の場合訓練参加費は全額返金致します)
8. A→P 書類審査合格通知・本申込み手続き完了
9. P    訓練参加



《訓練スケジュール》

本教育訓練は、レベル1訓練(5日間),レベル2訓練(5日間)の合計10日間、
約100時間の訓練プログラムとなっております。

これは、プロテクティブ・セキュリティのプロフェッショナルになるには、当然
少なすぎる時間です。
本教育訓練は、あくまでもプロテクティブ・セキュリティのプロフェッショナルを
目指す方々のための基礎コース(スタートライン)であって、ゴールではありません。
本教育訓練を規定の成績以上で合格され、プロフェッショナルを目指す方々には、
実務研修を含む次のステップに進んで頂き、必要な知識と技能をさらに身につけて
頂くプログラムがございます。

レベル1訓練(5日間)
1日目: 訓練オリエンテーション,プロテクティブ・セキュリティ概論
2日目: プロテクティブ・エスコート(警護エスコート)
3日目: Enbus/Debus(車両乗降)
4日目: プロテクティブ・ドライビング(警護特殊車両運転技術)
5日目: E2D2訓練(実技包括訓練)

レベル2訓練(5日間)
1日目: ESD(特殊情報収集機器)対策,IED(爆発物)対策,EFA(救急法)
2日目: 緊急退避訓練,警護護身格闘術
3日目: シナリオトレーニング課題準備
4日目: シナリオトレーニング・最終実技試験
5日目: 訓練まとめ,筆記試験,合否発表

※教育訓練内容や日程は状況によって変更になる場合がございます。予めご了承ください。


訓練開催日程につきましては、[教育訓練スケジュール]のページをご覧ください。



《訓練評価・合否》

本教育訓練では、訓練参加者にプロテクティブ・セキュリティのプロフェッショナルとして
素質があるか否か、常に厳しく評価し、最終合否を決定致します。
訓練途中であっても、その時点での規定点数を下回りますと、途中不合格となり、
お帰り頂くこともございます。

訓練評価には、大きな4つのカテゴリーとさらに4つの小さな項目があり、それぞれを
さらに細かく評価していきます。

・警備力…理解判断力・実務力・観察予測力・牽引力
・向上心…積極性・プロ意識・謙虚さ・勤勉さ
・人間性…社会性・協調性・規律性・社会常識
・安心感…信頼性・責任感・コミュニケーション能力・見た目

上記4カテゴリー評価に加え、各実技訓練での様子や最終実技試験の評価,
筆記試験の点数,各インストラクターからの評価,アシスタント評価などが加減算され、
最終的な点数が決まります。
この点数により、訓練評価がA~Eに振り分けられます。

[訓練評価A] 非常に優秀で素質があり、即戦力となるレベル。
[訓練評価B] 優秀で素質があり、実務研修等を通して戦力になるレベル。
[訓練評価C] 努力次第で戦力になる素質があるレベル。
[訓練評価D] 合格ラインは越えているが、実務に入るには相当な努力を要するレベル。
[訓練評価E] 不合格(もう一度だけ本訓練に挑戦することができる)

訓練評価D以上が合格です。

また例外的なものとして、[訓練評価F]という不合格がございます。
これは、あまりにもひどい訓練受講態度の場合や、訓練進行の妨げになる場合、
事前提出書類等に虚偽が見つかった場合などに適用され、即お帰り頂くとともに、
AISP及び関連組織等の各種教育訓練を、二度と受講することができなくなります。

本教育訓練のレベル2訓練まで修了された時点で、上記の訓練評価が付けられ、
合格者には、AISP英国本部より、訓練修了証兼身辺警護技能認定証が授与されます。



《IBA(国際ボディーガード協会)認定》

本教育訓練では、訓練参加者の出費をできるだけ抑えるために、合同開催である
IBA(国際ボディーガード協会)の認定は希望される方のみとさせて頂き、IBAの認定に
かかる費用は訓練参加費に含まれておりません。

IBA(国際ボディーガード協会)は、1957年にフランスで設立され、現在世界で最も古く、
大きなボディーガードの国際組織です。現在の本部は英国です。

本教育訓練をレベル2まで修了し、[訓練評価C]以上の方で希望される方は、この
IBAの認定を受けることができます。

IBA認定を受けますと、

1. IBA本部(英国)発行の訓練修了証授与
2. IBA国際エージェント(会員)登録
3. IBA国際ボディーガード認定バッジの所持

の3つの特典がございます。

※詳しくは、IBA JAPANのオフィシャルブログをご参照下さい → http://ibajpn.blogspot.jp/



《訓練参加費用》

本教育訓練にかかる費用は大きく3つございます。

1. 訓練参加費
本教育訓練に参加するための費用です。

・レベル1訓練 … 135,000円(税込)
・レベル2訓練 … 135,000円(税込)

※レベル1訓練+レベル2訓練 … 270,000円(税込)

2. IBA認定取得費
本教育訓練をレベル2まで修了され、訓練評価C以上の方で、希望される方のみ
IBAの認定を取得することができます。

・IBA本部発行訓練修了証(100時間認定) … 50,000円(税込)
・IBA国際エージェント(会員)登録費     … 32,400円(税込)
・IBA国際ボディーガード認定バッジ登録料 … 21,600円(税込)

※IBA国際エージェント登録は2年間有効です。2年後に更新するか退会するかお選び頂けます。
※IBA国際ボディーガード認定バッジは貸与されます。初回のみ登録料が必要となります。
※IBA国際ボディーガード認定バッジの所持には、国際エージェント(会員)登録が必要です。
※IBA認定は、本訓練修了後1週間以内の申請が必要です。これを越えますと申請することができません。

3. 訓練経費実費
訓練参加者の経済的負担を減らすため、本訓練期間中に使用する車両関連費
(レンタカー・ガソリン代等)は、訓練参加費に含まず、実際にかかった費用実費を
当日参加された訓練生で割勘して、当日お支払い頂いております。
訓練参加者数にもよりますが、10日間の訓練で5万円ほどが必要となります。



訓練に関するお問い合わせは、[お問い合わせページ]からどうぞ。